最新情報

JDN技術系女性のキャリアを考える研究会 第1回6月23日開催しました

6月23日(金) 13時~16時 技術系女性のキャリアを考える研究会 第1回が開催されました。

リーダーは日本アイ・ビー・エム株式会社執行役員の小池裕幸氏です。

 

■小池執行役員よりWelcomeMessage

AIやロボットなどのテクノロジーが身近になり、働き方に大きな変革が起きていることを紹介し、時代に即した新しい女性技術組織の働き方やキャリアに対する提言を期待すると挨拶がありました。

 

■IBMの女性技術者コミュニティーの金澤氏よりSpeech

等身大の技術系女性の悩み共有と題し、自らの経験を紹介。「仕事と子育ての両立は難しいが、苦しいときこそ課題や提言を考え下の世代へ役に立つものを残していきたい。」

 

■ワークショップ#1

本研究会のワークショップではDesign Thinkingを参考に、理想の女性技術者像(ペルソナ)を設定し、そのペルソナがキャリア障壁を乗り越えたり(成功シナリオ)、LIFE SIFT 100年時代を意識したキャリアを通じ目標を達成する(ジャーニーマップ)なかで、社会インフラとして、企業施策としてより何が必要か、そして自分はどのように変わればいいのかを考えました。

第1回は2つのチームに分かれ、それぞれのチームで目標の設定とペルソナの設定、共感マップを作成。両チームのペルソナも長く働き続け、生涯現役で技術者として何らかの強みを持つという目標を掲げたが、ペルソナの性格やライフスタイルなどは全く異なるものでした。また、どちらもいわゆるスーパーウーマンではなく等身大の技術系女性という設定にしました。今後、このペルソナを基にワークショップを進めます。

 

 

P1090491_2

 

次回の研究会ワークショップは9月8日を予定しております。

1年を通じ全4回のワークショップで得られたseedsで最終提言をまとめます。

 

研究会は年度の途中からでも参加できます。JDNの会員にになって、是非研究会と一緒に技術系女性のキャリアを考えましょう。入会希望の方は以下をご参考ください。

こちら