最新情報

9月5日、第17回JDN水曜クラブ『経営戦略としての働き方改革 ~生産性とモチベーションが向上する手法とは~』を開催しました!

2018年9月5日(水)、第17回水曜クラブを開催しました!

第17回水曜クラブでは、株式会社ワーク・ライフバランス代表取締役社長 小室 淑恵氏をゲストとしてお招きいたしました。小室氏はワーク・ライフバランスコンサルタントとしてこれまで900社以上にコンサルティングを提供した経験を持ち、支援した組織は、業績が向上しながら大幅に残業を削減することに成功しています。各企業の風土に寄り添ったコンサルティング手法が好評を得ており、現在は年間200回に上る講演に登壇しています。また、JDN「働き方改革研究会」のリーダーでもあります。

「働き方改革」で残業を大幅に減らし業績が向上した企業の好事例や、出生率があがった自治体の事例、コンサルティング手法の解説や、来年春の労基法改正のポイントなどをお話いただきました。

今回は参加者が定員の50名をはるかに上回り、会場は完全に満員御礼で熱気に溢れていました。

参加者の方々から、「人口ボーナス期、人口オーナス期の転換時期にあることを理解し、高度経済成長期での成功体験にしばられていては人口オーナス期で成長できない(=利益は出ない)ことを社内に伝えていくこと。」「仕事を属人化させず、チームで成果を出すことの重要性を改めて感じました。」「何故働き方改革なのか、単なる残業問題ではないことがよく理解できました。社内でのプロジェクトで共有し、早急に対策を取りたいと思います。」「チームの生産性の見える化、および改善に活かしていきたいと考えます。最後のQ&Aでのそれぞれの回答も臨場感があり、参考になりました。」等たくさんの声を頂きました。

アンケート結果からも講演内容が「大変満足」「満足」で100%を占めました。