最新情報

11月22日、第13回水曜クラブ『未知の社会ー超高齢社会への日本の挑戦』を開催しました!

2017年11月22日(水)、第13回水曜クラブを開催しました!
東京大学高齢社会総合研究機構特任教授の辻哲夫氏をゲストとしてお招きして『未知の社会ー超高齢社会への日本の挑戦』について語っていただきました。これからは「老いては子に従え」ではなく、自己決定が大事だというお話が印象的でした。

参加者の方々はご講演後も非常に活発に質問が続きました。保険金について、アジアの少子高齢化について、企業の中のシニア活躍について、UR住宅についてなど、それぞれの職業に直結するものから住宅に至るまで内容は様々でした。辻教授が一つ一つ丁寧にご回答くださいました。
参加者の方々から、「日本の将来を見ることができた。」「自分が住んでいる地域社会があたたかく明るい状況・環境になっているのか、自分で何かできるか考えるきっかけとなりました。」「75才以上の人が大量に活躍し、亡くなっていく時代になること。自分で決定して生きていく時代にすべきこと(が印象的でした。)」「日本がモデルをつくること。フレイルを予防する大切さ(が印象的でした。)」など声が聞かれました。アンケート結果からも講演内容が「大変良かった」「良かった」で100%を占めました。
※会員のかたは会員内サイトにて詳しい資料をご閲覧いただけます。

➡会員サイトはこちら

 

IMG_0019    IMG_0020