会員からのお知らせ

公益財団法人21世紀職業財団より『「一般職」女性の意識とコース別雇用管理制度の課題に関する調査研究』の結果を公表いたしました

――――――――――――――――――――――――――
公益財団法人21世紀職業財団より
――――――――――――――――――――――――――

◆『「一般職」女性の意識とコース別雇用管理制度の課題に関する
調査研究』の結果を公表いたしました。

コース別雇用管理制度は1985年の男女雇用機会均等法成立を
契機に 大企業を中心に導入が進みました。

しかし、一般職女性が長期に就労することを前提としていなかったため、
一般職の仕事は限定的で、育成が不十分という問題を抱えています。
本調査では、コースを「廃止した企業」、「改定した企業」、
「継続する企業」の人事担当者、一般職の女性と上司へのインタビューと、
一般職女性の意識調査の結果から、今後企業がとるべき対応を
明らかにしました。

■調査結果の詳細:

http://www.jiwe.or.jp/research-report/2017

■お問合せ先:公益財団法人21世紀職業財団

開発事業部  TEL:03-5844-1665
kaihatsu@jiwe.or.jp